日々の生活の中で、「手作りカレー」の立ち位置ってなんだろう。無関心と言えるだろうか。「パエリア」は、あなたにとってはどんな意味があるんだろう。

薬剤師は秋刀魚の定食を狙う

雲の無い仏滅の夕方に読書を

昔の時、株に関心をもって、買いたいとおもったことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったのだけれども、しかし、一生懸命稼いでためた貯蓄があっさりと消えるのが嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座は開設して、資金も入れて、パソコンのボタン一つ押すだけで購入できる状態に準備したけれど、怖くて買うことが出来なかった。
汗水たらして、働いて稼いでためたお金だから、金を持っている人から見たら少ないお金でも少なくなるのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

息絶え絶えでお喋りする姉ちゃんと擦り切れたミサンガ
太宰治の、斜陽は、一気に読み進められると思う。
戦前は華族の御嬢さんだったかず子が、根強くて負けない女に変身する。
そこそこ素晴らしいと考えた私。
かず子のように、誰にも負けない行動力と、固い意志が戦争が終わったこの頃は必須だったのかもしれない。
それは置いておいて、不倫相手の小説家の奥さんからしたらウザいだろうとも思う。

どしゃ降りの週末の明け方にこっそりと

人間のほとんどは水分という研究もあるので、水は人々の重要点です。
水の摂取を欠かさず、お互いに活発で楽しい季節を満喫したいものです。
輝く光の中より蝉の声が耳に入るとこの頃、いつもはそんなに出かけないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関して丁寧な方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌のケアは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、どうしても気にかけてしまう部分かもしれません。
もう一つ、すべての方が気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗をかいて、知らないうちに水分が抜けていくからです。
外出した時の本人の様態も影響してきます。
ともすれば、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏の盛りの水分摂取は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
少し外出する時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があったらすごく便利です。
人間のほとんどは水分という研究もあるので、水は人々の重要点です。
水の摂取を欠かさず、お互いに活発で楽しい季節を満喫したいものです。

曇っている火曜の夕方はひっそりと
甲斐の国は果物の国と言われているほどフルーツの栽培が行われている。
日本でもなかなか無い内陸国で南アルプスなどの山脈に囲まれている。
そのために、漁もできなければ米の栽培も全然盛んではない。
なので、山梨県を治めた柳沢吉保が、果物の栽培を推進したのだ。
他の県よりも有名な優れている何かが欲しかったのだろう。
大きな盆地の、水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差は美味しい果物を実らせる。

喜んで泳ぐ友人と履きつぶした靴

友達の知佳子の彼氏であるSさんが経営する食品会社で、いつも紀州産の梅を使用した梅干しを購入している。
飲むと電話をかけてくるSさんの社内SEのEくんは、なぜかトークがかみ合わない。
ノンアルの時のE君は、結構な照れ屋らしくそんなにいっぱい返答してくれない。
だから、一度もEくんとまともにトークをしたことがない。

風の無い祝日の午後はひっそりと
私はお肉をそこまで好きではないランチやディナーはどうしても魚類がメインになってくる。
なので、夏の、土用丑の日の鰻は、自分にとってのイベントごとだ。
関東でウナギを開く場合、背開きという習わしがある。
なんでか説明すれば、昔武士社会なので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、タブーなため。
もう一方で、関西地方で開かれるウナギには、腹開きにする事が一般的。
というのは、関西は商人色の強い所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味につなげているから。
他にも、自腹を切るという取り方も通じるので、シチュエーションによっては良いとは言えない時も。
というのは、関西は商人色の強い所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味につなげているから。
他にも、自腹を切るという取り方も通じるので、シチュエーションによっては良いとは言えない時も。
上記の話は、旅行業で働いていた時に、常に、お客様に言っていた話です。
横浜駅から出発して、静岡の浜名湖や沼津や三島へウナギを食べに行くという日程。

悲しそうにダンスする姉妹と穴のあいた靴下

銀座の夜の女性を見ると、プロ意識が高いなと思う。
それは、磨き上げた外見、会話、努力を惜しまないところ。
お客さんに完全に勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると分かってもらいながら、太客になってもらう。
そして、もしかするとこのお姉さん、自分に本気かもしれないなど思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも絶妙だ。
それは置いといて、私は売れっ子のホステスさんたちの給料がとても知りたい。

騒がしく自転車をこぐ先生と突風
暑い季節にあったことをこのシーズンはしていないが、ともだちと週末、コテージをかりて炭を使ってバーベキューを行う。
いつもの恒例だけれど、まれに、息抜きになる。
男手が少人数なので、とてもいっぱい準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女の人は不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
しかれども必ず全員でビールを飲むからその時は、お酒をほどほどにするように気をつけよう。

目を閉じて熱弁する家族と冷たい雨

めっちゃ甘いお菓子が好みで、スイーツなどを自作します。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、焼いて作っていたのだが、このごろ、ホームベーカリーで作成してみた、たいそう簡単でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるように気を付けている。
砂糖が控えめでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、笑顔で口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もメディアであるから変ではないのだけども、若いころは、ケーキを焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういう男性が増えたねと言われたりします。

ぽかぽかした日曜の晩は微笑んで
人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの想いも分かるかもしれないと考えた。
主人公の葉ちゃんは人間なら少なからず持っている感覚を、大いに抱えている。
それを、内に秘めないで、お酒だったり女だったりで、発散させる。
終盤で、バーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
そこで、主役の葉ちゃんは要領が悪いんだと、絶対切なく思ってしまう。

サイト内コンテンツ

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 薬剤師は秋刀魚の定食を狙う All rights reserved.